子供の身長を伸ばすには4つのポイントがあった!親ができる生活改善とは

子供の身長を伸ばすには、何が大事なの?

子供の成長、特に身長を伸ばしてあげたいと思う親は多いでしょう。でも、具体的にどんなことをすればよいのか
分からず悩んでいる人も多いかもしれません。

この記事では、子供の身長を伸ばすのに親ができることや、気を付けると良い事をまとめてみました。
ぜひ参考にしていただき、お子さんの成長を上手にサポートしてあげてくださいね。

子供の身長は親の遺伝が全てなの?

「子供の身長を伸ばすにはどうすればよいか」と悩んでいる親御さんも少なくありません。特に、背が低い親御さんの場合、
「子供の身長が低いのは自分の影響なのでは・・・」と不安になるケースが多々見受けられます。

確かに、親からの遺伝により身長の伸びがある程度決まることは事実です。ただし、実は遺伝以外にも子供の身長の
伸びを決める要因があることが分かっています。

身長に関わる「内的要因」とは

身長の伸びに影響を与える内的な要因は、親からの遺伝以外にもホルモン、神経系や代謝など体質的なものが挙げられます。
遺伝を始め、体質的な要因に関しては努力で改善することが難しいです。

身長に関わる「外的要因」とは

一方、身長の伸びに関わる外的要因もあることが分かっています。後ほど詳しく解説しますが、栄養や運動、睡眠などの
生活習慣、あるいは情緒の安定や暮らしの水準などの精神的環境です。外的要因に関しては、その内容を改善することで
身長を伸ばす効果を高めることに繋げられる可能性が高いです。

ですので、子供の身長を伸ばしたいと考えているのであれば、外的要因を改善し、身長が伸びやすくなる環境を整えて
あげることが重要だということです。

「身長が伸びる」とはどういうことか

身長が伸びる、とは果たしてどのような現象なのでしょうか?
多くの人は、身長が伸びる=骨が長く伸びると思っているようです。しかし、骨は非常に固く太いため、まず簡単に伸びることはありません。
身長が伸びるのは、実は骨ではなく、骨と骨をつなぐ軟骨部分(骨端線)の成長によるものなんです。
骨端線はたんぱく質でできており、成長ホルモンの働きかけにより大きく成長し、結果的に身長が伸びるということです。

ですので、身長を伸ばしたいのであれば、骨を強くするのではなく骨端線の成長を促進することが効果的だと言えます。

また、骨端線は永久に成長するものではありません。成人になると固く骨化してしまい、成長が止まってしまいます。
身長を伸ばすことができるのは、骨端線が骨化してしまう前だけということなんですね。

身長をしっかり伸ばす事ができる時期というのは、実は生まれてから大人になるまでの限られた時間です。この時期に
しっかりと身長を伸ばしておくことが、その後の身長につながるというわけなんですね。

子供の身長の伸び方にはパターンがある

そして、子供の身長を伸ばすには、どの時期に身長が伸びやすいかという成長の流れを理解しておくことが大事です。
実は、子供の身長が伸びると一言で言っても、その伸び方や原因は年齢によってパターンが異なります。

子供の身長の伸びは、大きく分けて3つのパターンになります。1つ目は0歳~4歳くらいまでの乳幼児期です。生まれた時は
平均50cmほどの赤ちゃんは、1歳までに一気に30cmほど背が伸びます。さらに、その後いったん伸びは緩やかになるものの、
2歳~4歳で10cm以上伸びます。乳幼児期の成長は、食事や母乳から得る栄養素が重要な役目をはたしています。

2つ目は、幼児期から小学生にかけて。この時期には平均して年間で約6cmずつ伸びていきます。この時期は食事の
栄養だけではなく、成長ホルモンの働きによって身長の伸びが変わってきます。

そして、3つ目は思春期の前です。この時期に身長が急激に伸びる子どもが多く、ピークを越えると身長の伸びがぴたりと
止まることが多いです。男女で時期の差があり、女子が早く11歳頃、男子は13歳頃にピークを迎えます。思春期の身長の伸びは、
性ホルモンが最も影響していると言われています。

つまり、身長を一気に伸ばしたいのであれば、幼児期から小学生頃は成長ホルモンの分泌を促進することが大事です。また、
思春期には性ホルモンの影響で身長が止まってしまいますので、なるべく思春期を遅らせることも大事です。

子供の身長を伸ばすのに大事な要素は4つあった

子供の身長を伸ばすためには、「身長が伸びやすい時期」に「身長を伸ばす作用を高める」ことが重要だと分かって
いただけたと思います。具体的には、「成長ホルモン」がカギとなります。

しかし、いくら成長ホルモンが分泌していたとしても、子供が不健康な生活をしていて体力や筋力が不足していては、
成長につながりませんよね。子供の健康な体があり、健康的な生活があってこそ、その先に身長を効果的に伸ばすことが
できるというわけです。

1.食事

子供の成長を支え、丈夫な身体を作るのに欠かせないのが「食事」です。食事によって、子供は成長に必要な栄養素を
吸収していくのですから、まずは食事の内容やタイミングを整えることが大事ですよね。1日3食、特に朝食をしっかりと
取ることや、様々な食材をバランスよく摂取することが基本となります。

子供の身長を伸ばす効果のある栄養素とは

その上で、子供の身長を伸ばすのに特に必要な栄養素があります。それは、大きく分けて2つのグループになります。

1つ目は、骨端線や骨の成長を促進する栄養素です。骨端線の成分である「たんぱく質」や、成長ホルモンの働きを促進する
「亜鉛」は、身長を伸ばすのに必要です。骨端線の成分であるコラーゲンの合成に欠かせない「ビタミンC」も重要です。

また、骨自体は伸びないとはいえ、骨が丈夫でないと体を支えることができませんよね。ですので、骨を強くする
「カルシウム」は欠かせません。そして、カルシウムの体内での吸収率を上げる「マグネシウム」や「ビタミンD」
「ビタミンK」も重要です。

子供の身長を伸ばす食材や飲み物とは

子供の身長を伸ばすのに必要な「骨端線の成長に必要な栄養素」と「骨を強くする栄養素」は、どんな食材に多く
含まれているのでしょうか?

たんぱく質や亜鉛は、主に肉や魚、大豆、魚介類、乳製品に多く含まれています。肉類の中でも特に牛肉は、たんぱく質や
亜鉛以外にも鉄分やミネラルが豊富ですので、成長期の子供が積極的に摂りたい食材です。メインの料理には鶏肉や
豚肉だけではなく、牛肉を積極的に使うのがおススメですね。

骨を強くする栄養素の中で重要なカルシウムは、乳製品に多く含まれています。また、カルシウムの豊富な食材には
マグネシウムも多く含まれていることが多く、バナナやココアもマグネシウムが豊富です。

ただし、乳製品は脂肪分が多いものもあり、取りすぎると肥満に繋がることもあります。カルシウムは豆腐や油揚げ、
干しエビやほうれん草、鯖缶にも多く含まれています。ですので、1つの食材に頼らず、幅広い食材でカルシウムを
摂ることを心がけるといいでしょう。

子供の身長を伸ばすのに避けたい食事とは

身長を伸ばすのに効果的な栄養素がある一方、摂取し過ぎることで成長の妨げになる食事もあります。

1つは、たんぱく質の過剰摂取です。身体に良いからとたんぱく質を摂り過ぎると、尿の中のカルシウムの排泄量を
増やしてしまいカルシウム不足に繋がってしまうことが分かっています。1日に必要なたんぱく質の量以上摂取する
必要はありません。身長を伸ばしたいから、と毎日肉ばかり大量に食べる生活やプロテインを飲み続けるのはおススメできません。

また、スナック菓子やインスタント食品、加工食品も身長を伸ばしたいのであれば極力避けたい食事です。なぜなら、
これらの食品には保存料としてリンが含まれています。リンはカルシウムの代謝を阻害することが分かっており、
身長の伸びが低下する原因にもなります。

加工食品を全く食べない生活を送るのは、現代では難しいことだと思います。でも、なるべく量を減らすことを
心がけるだけでも、一つの工夫になりますよね。

2.運動

食事と同じくらい、子供の成長期に大事なのが「運動」です。適度に体を動かすことで、筋肉がつき体が丈夫になります。
当然、身長を伸ばすのに丈夫な体つくりは大事です。

バレーボールやバスケットボールは子供の身長を伸ばすのに有利?

背が高い選手の多いバレーボールやバスケットボール。これらが身長の伸びに影響を与えるのか調べてみたところ、
興味深い文献を発見しました。

※引用S※

額田医師「バレーボールやバスケットボールなどの運動が他の運動と比べて、特に背を伸ばす効果が高いというわけではありません。」

額田医師によれば、実はジャンプをする運動が背を伸ばすといわれるのは、骨に重圧がかかる際、骨芽細胞がその刺激を
感知して活動が活発化になり、その結果骨が硬く丈夫になるのを背が伸びると誤認され伝わっているからだという。
実際に背を伸ばすのは、ジャンプに限らず、身体を「ひねる」「そらす」「曲げる」というまんべんなく動かす全身運動で
あるという。こういった全身運動の刺激により、軟骨に栄養を行き渡らせる、関節液の循環を良くし、骨の成長を促す
効果がある。従ってバレーボールやバスケットボールに限らず、益子さんが子どもの頃にしていたようにダンボールすべりや
なわとびなどの普通の遊びでも同じような効果が得ることができる。

参照:http://www.kobekids.net/tokumei.html

※引用E※

つまり、バレーボールやバスケットボールにこだわらず、体全体をくまなく使う運動をたっぷり毎日することが
重要だと言えますよね。

子供の身長を伸ばしたいなら「適度」な運動が良い

一方で、過度な運動は子供の成長を妨げることも言われています。丈夫な体を造りたいからと、身体に負担をかけすぎる
ことはよくありません。程よく疲れる程度に、毎日少しずつでも体を動かすことを続けるのが大事だと言えます。

3.睡眠

子供の身長を伸ばしたい親御さんなら一度は聞いた事のあるフレーズ「寝る子は育つ」。これは実は本当のことなんですね。
なぜなら、骨端線の成長に必要な成長ホルモンが最も分泌されるのが、睡眠中なのです。特に寝始めてから3時間程度が
最も多く分泌されることが分かっています。

ですので、夜しっかりと寝ること、寝始めたらすぐに深い眠りにつくことが身長を伸ばすのに重要だというわけです。
身長をしっかりと伸ばしたいのであれば、幼児期には10時間以上、小学生だと9~10時間程度は睡眠を取るとよいと言われています。

睡眠の「質」も大事

また、成長ホルモンは、体内の血糖値が高い時は分泌が抑制されます。そのため、睡眠の2時間くらい前までには食事を
済ませておくことが重要です。寝る前の間食や、夜遅い食事は避けるようにしましょう。最近では、寝る前のテレビや
スマホの影響で脳が覚醒され、なかなか寝付けない子供が増えていると言います。

ですので、夜はなるべく明るい光を避け、寝始めたらぐっすり眠れる環境を整えることが大事ですね。

4.思春期の時期を遅らせること

子供の身長の伸び方には3つのパターンがありました。そのうち3つ目の思春期は「性ホルモン」が大きな影響を与えています。
この性ホルモンは10歳頃から分泌量が増えます。分泌量が増えることで、男子は筋肉量が増え逞しい身体つきに、
女子は丸みを帯びた女性らしい体つきへと変化していきます。また、初潮など思春期に起こる身体の変化も性ホルモンの影響です。

このホルモン、成長には欠かせないのですが、一方で身長の伸びを抑制する働きがあることも分かっています。
性ホルモンには、骨端線の細胞分裂を止め、骨化を促進する働きがあるからです。つまり、身長を伸ばしたいと
いうのであれば、思春期が来る時期を少し遅らせることも実は重要だということなんですね。

具体的には、「肥満」を避けることが思春期を遅らせるのに効果的だと言われています。肥満気味の子供は、
食欲や代謝の調整に関わるレプチンというホルモンがより多く分泌されます。レプチンは代謝以外にも性の成熟にも
影響を与え、結果思春期が早く到来することに繋がります。

また、肥満は臓器への負担が増えるなど成長期には好ましくありません。食事量や内容を見直し、適度に運動をして、
肥満を解消することが成長期には大事ですね。

子供の身長を伸ばすための成長サプリの選び方

子供の身長を伸ばすためには、食事、運動、睡眠が重要だと伝わったかと思います。特に食事は身長を伸ばす栄養素を
直接摂取できるので、とても大事です。

しかし、毎日の食事をバランスよく、かつすべての栄養素を毎日食事だけで補うのは実は簡単な事ではありません。
プロの栄養士さんでさえ、そのメニュー作りは非常に難しいと言っていますから、料理が得意ではない人や
仕事と家事の両立で忙しい人は特に悩んでしまうでしょう。

そこで、成長に必要な栄養素を「成長サプリメント」で補う方法は、実はとても効率的でおススメです。また、成長に
必要なだけではなく、「身長を伸ばす」ことに特化した成長サプリメントも多くありますので、身長を伸ばしたい人には
うってつけの商品ですよね。

では、身長を伸ばすためにはどのようなサプリメントを選ぶとよいか、見極めポイントをご紹介します。

子供の身長を伸ばす=子供用のサプリがおススメ

サプリメントは数多く存在しますが、成長期の子供には「子供用の成長サプリメント」をまず選びましょう。
大人のサプリに含まれる栄養は量多く、子供の体に負担がかかってしまう可能性もあります。また、子供用の
サプリメントは牛乳に溶かして飲むタイプなど、子供が飲みやすい工夫がされています。毎日続けて飲むものですので、
子供が飲みやすいタイプを選ぶのも大事ですね。

小学生と中学生・高校生では必要な栄養素の量が違う!

一言で「成長サプリメント」と言っても、小学生向けと、思春期の子供向けのサプリメントではその目的や配合されて
いる栄養素の量が異なります。特に小学生と中学生・高校生では必要な栄養素の量が多くて2倍近く異なるものもあります。
せっかく「身長が伸びるサプリメント」だと思って購入しても、中学生が小学生向けの商品を飲んでいても栄養量が
足りておらず効果が見られないこともあります。商品がどの年代向けなのか、チェックして選ぶのも大事ですよ。

子供の身長を伸ばすのに有効な成分「アルギニン」

子供の身長を伸ばすのに成長サプリメントを導入するのであれば、ぜひ「アルギニン」が含まれたサプリを取り入れると
よいでしょう。アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌や働きを促進してくれる栄養素です。アルギニンは
身長を伸ばすのに重要な栄養素なのですが、一方で子供の体内では合成、生成ができない栄養素なので食事などから
補給することが大事になってきます。

身長を伸ばしたいのであれば、ぜひアルギニンが配合されたサプリを選ぶとよいでしょう。

子供が飲むものだから・・・安全にこだわって!

成長サプリメントは、子供が毎日続けて飲んでいくものです。ですので、その安全性にもこだわりたいですよね。
具体的には、原材料が国内生産のものや、国内工場で製造されているサプリメントがおススメです。
海外製だから安全ではないという事ではありませんが、国内と海外とでは安全基準が異なりますので、国内産の方が
より身体に合う安全な物と言えます。

また、合成着色料や保存料、甘味料が含まれていないかのチェックも大事です。なるべくなら無添加のサプリがおススメですね。

併せて、製造過程でしっかりと検査が行われているかのチェックも大事です。成長サプリメントの中には、放射能検査を
クリアしたとホームページに明記されている商品があります。このように明確に安全だと言えるサプリメントを選ぶ方が、
親としても安心できますよね。

もし不明点があれば、公式ホームページなどで問い合わせ窓口が明記されているはずですので問い合わせてみるのも
一つの手です。明確な回答があれば安心できますよね!

以上、子供の身長を伸ばすために有効活用できる成長サプリメントの選び方です。最終的には子供やご自身が良いと
思えるもの、好みに合うものを自分の目で見極めながら選んでくださいね!